男性用薄毛治療

を気にされている方はご相談ください


若いのに…歳とともに…襲い来る「うす毛」…

治療による進行抑制効果は高く、進行してからの完全回復は難しくなるため、「うす毛家系」「抜け毛の増加が著しい」という方は、やると決めたらなるべく早めに病院で治療に取り組まれることをおすすめします。

ぜ「うす毛」は起こるのか?


男性型脱毛症とは、毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなり、休止期にとどまる毛包が多くなることを病態の基盤とし、臨床的には前頭部や頭頂部の頭髪が、軟毛化して細く短くなり、最終的には頭髪が皮表に現れなくなる現象です。この病態は男女を問わず同一で有り、休止期脱毛と異なり、パターン化した脱毛が特徴です。

 

一般的に男性ホルモンは骨・筋肉の発達を促し、髭や胸毛などの毛を濃くする方向に働きます。しかし、前頭部や頭頂部などの男性ホルモン感受性毛包においては逆に軟毛化現象を引き起こします。男性ホルモン感受性毛包の毛乳頭細胞には男性ホルモン受容体が存在しますが、髭や前頭部、頭頂部の毛乳頭細胞に運ばれたテストステロンは「5α還元酵素」の働きにより、さらに活性が高いジヒドロテストステロン(DHT)に変換されて受容体に結合します。DHTの結合した男性ホルモン受容体は髭では細胞成長因子などを誘導し成長期が延長します。逆に前頭部や頭頂部の男性ホルモン感受性毛包においては、DHTの結合した男性ホルモン受容体はTGF-βやDKK1などを誘導し毛母細胞の増殖が抑制され成長期が短縮することが報告されています。

うすれば薄毛の進行を阻止できるのか?


「5α還元酵素」を阻害する!

5α還元酵素を阻害するために、現在医療機関で処方できる厚生労働省承認薬剤は、以下の「フィナステリド」と「デュタステリド」の2種類となります。

■ フィナステリド

先発医薬品
先発医薬品
後発医薬品
後発医薬品

フィナステリドは「Ⅱ型5α還元酵素」のみを阻害する働きを持ちます。

この働きによりテストステロンがDHTに転換されるのを防ぎ、ヘアサイクルを改善する効果が期待できます。


デュタステリド

先発医薬品
先発医薬品
後発医薬品
後発医薬品

デュタステリドは「Ⅰ型とⅡ型のいずれの5α還元酵素」も阻害し、フィナステリドの約3倍の薬理作用と、約1.6倍の増毛効果を有するといわれています。一方で副作用発現率もフィナステリドと比べ高くなります。


院に導入した新たな発毛システム Dott Hair(ドットヘアー)


「Dott Hair」は5α還元酵素阻害だけではなく、毛根の血流改善と、発毛に必要な栄養素をトータルプロデュースする画期的なシステムです。

 

男性用と女性用いずれも準備しております。

 

院長が直接、開発者の「金子 拓」氏から、製品開発の経緯から変遷、製品設計における医学的データを交えた根拠や実績、副作用やその対応などなど多岐に渡る熱のこもったお話を聞かせていただき、問合せに対する迅速かつ丁寧なサポート体制も安心できました。

 

患者さんに資する信頼できる製品であると確信し導入に至りました。


金表


商品名 内容量 価格:円(税込)
プロペシア® 28錠 8,000
フィナステリド® 28錠 6,000
ザガーロ® 30カプセル 11,000
デュタステリド® 30カプセル 5,500
商品名 内容量 価格:円(税込)
男性用ドットヘアータブレット 1ヶ月分 10,000
男性用ドットヘアーリキッド  1ヶ月分 10,000

※ いずれの製品も処方には医師の診察が必要となります。持病などにより使用できない場合がありますのでご了承ください。

※ うす毛の治療は保険適応外のため、患者さんの同意のものとに行われる自由診療となります。