ワクチン生産ライン

帯状疱疹ワクチン

80歳を超えると3人に1人はなるとされる帯状疱疹

​決して他人事ではありません

発症すると2割ほどの方に痛みなど後遺症が残ります

​ワクチンにより軽症化が期待できます

​50歳以上が対象となりますので検討ください

​帯状疱疹とは

病原ウィルスは水痘・帯状疱疹ウィルス(varicella zoster virus:VZV)です。

初めて感染する際は「みずぼうそう(水痘)」として発症します。

みずぼうそうの症状が治癒したあともVZV自体は知覚神経節に潜伏感染し生涯体内に残ります。

免疫低下時に再活性化して、知覚神経を伝って皮膚や毛の細胞に感染し、片側性に赤みや水ぶくれを作ります。

日本人成人の90%以上は、帯状疱疹の原因となるウィルスが体内に潜んでいて、80歳までに約3人に1人が帯状疱疹になるといわれています。

発症部位の神経支配領域に一致した痛みを伴います。

ときに日常生活が困難となるような激しい痛みがでることがあります。

多くは発疹がでる数日~1週間前に前駆痛が出現し、その後に発疹がでるため、初期は診断が難しいことがあります。

DSC00047_edited.jpg

 

体質や性格にもよりますが、帯状疱疹後神経痛と言われる慢性痛が出現し、長期にわたり患者さんを苦しめる後遺症を残すことがあります。

50歳以上で帯状疱疹を発症した人のうち約2割の方は、3ヶ月以上痛みが続く帯状疱疹後神経痛(PHN)になるといわれています。

 また、場所によっては、視力障害、顔面神経麻痺や腹筋麻痺、上下肢の運動障害、排尿・排便障害などの合併症を起こすこともあります。

発疹部の傷も深くなると永久的な瘢痕(キズ跡)を残すこととなります。

帯状疱疹ワクチンについて

 

生ワクチンは50歳以上の人に接種すると、帯状疱疹の発症が50%、重症度が1/3に抑えられることが示されています。

​しかし、高齢になるほど予防効果は減少し、ステロイドを含めた免疫抑制内服中の患者には使用できません。

次の方は接種を受けられません

​□ 明らかに発熱している方(37.5度以上)

□ 強い急性疾患にかかっていることが明らかな方

□ このワクチンの成分によってアナフィラキシーを起こしたことがある方

□ 妊娠していることが明らかな方

□ 先天性および後天性免疫不全状態の方

□ 副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤などの治療を受けており、明らかに免疫抑制状態の方

​□ その他、医師に予防接種を受けない方がよいといわれた方

他のワクチンとの接種間隔

​令和2年10月1日から、異なるワクチンの接種間隔について、注射生ワクチンどうしを接種する場合は27日以上あける制限は維持しつつ、その他のワクチンの組み合わせについては、一律の日数制限は設けないことになりました。

接種後の注意点

□ 接種後30分間:アナフィラキシー発現の注意

・接種後30分はクリニックにいるなどして、様子を観察し、アレルギー反応(症状例:じんましん、呼吸が苦しい)などあれば医師とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。

□ 接種当日ーその後:過ごし方の注意

・接種当日の入浴は差し支えありませんが、接種部位をこすらないでください。

・接種部位を清潔に保ち、接種当日は激しい運動や大量の飲酒は避けてください。

・接種後2カ月間は妊娠しないように注意してください。

□ 接種後4週間:副反応出現の注意

・接種部位の異常な反応や体質の変化があった場合は、すぐに医師に相談してください。

料金は?

 

接種対象:50歳以上の方

※ 在庫切れの場合は、お取り寄せで後日接種となりますのでご容赦ください。

クレジット.png

医院での支払いに以下のクレジット・電子マネーが利用可能です。

※ 保険診療への支払いについては対応しておりません。