当院のニキビ治療

長からのメッセージ


ニキビは体質性の慢性炎症性疾患です。

皮脂の分泌が旺盛な若い時期に出現し、炎症を起こしやすい体質の人に酷く起こります。

また、慢性疾患であるために、一度発症すると長期間続きます。

ニキビ自体は、長期的には持続期間は個人差はありますが沈静化します。

が、その最大の問題点は…

炎症により破壊された組織が収縮し、「クレーター」と呼ばれるニキビ跡を残すことです。

ニキビはいずれは自然に消えていきます…しかし、できてしまったクレーターは一生残るのです…

ニキビ体質が沈静化するまで、治療により、良い状態を維持していけばニキビ跡は最小化できます。

今ニキビで悩んでいる方は、迷わず、できるだけ早く当院に受診してください!

 


キビ発生の機序について


ニキビは…

毛穴が詰まる→毛穴の内部に皮脂が溜まり膨らむ(白ニキビ)→詰まり口の皮脂が酸化して黒くなる(黒ニキビ)

 

内部でアクネ菌などが増殖し、炎症が起きる(赤ニキビ)→炎症が進行し化膿が起きる(黄ニキビ)

→大きく膿が溜まり、表面がやぶけ排膿したり、内部で更なる破壊が起き収縮しニキビ跡が残る…

 

キビ治療の介入ポイント


毛穴の詰まりを抑える

皮脂の過剰を抑える

アクネ菌などの病原体の増加を抑える

炎症の悪化、進行を抑える


穴の詰まりを抑える


基本的には、毛穴を刺激すると詰まりやすくなります。

具体的には…

おでこやコメカミなどであれば、髪の毛や被り物(ニットや帽子など)などによる刺激。

頬や鼻、顎などであればマスクによる刺激。女性であれば化粧品刺激なども原因として考えられます。

また、気にして触ることによっても刺激されます。

以上を回避することが重要です。

 

おススメのマスク

バナーをクリック
バナーをクリック

保険診療で以下の毛穴の詰まりを抑える薬が処方できます。

自費にはなりますが、こちらも毛穴詰まり対策に利用できます。


脂の過剰を抑える


睡眠不足やストレスで皮脂の分泌は増加します。

夜更かしはせ避け、早く寝て、睡眠時間を充分に確保するようこと心がけましょう。

洗顔はこすり過ぎず、泡で優しく朝・晩1日2回は行いましょう。

 

 おススメの洗顔せっけんはコレ。


保険診療で以下の過剰皮脂を抑える薬が処方できます。

・ビタミンB6

・ビオチン

・L-システイン


クネ菌などの病原体の増加を抑える


アクネ菌が出すリパーゼや、皮脂が分解されて発生する脂肪酸などによりニキビが悪化します。

アクネ菌を減らすことも重要です。

 

保険診療で以下のアクネ菌を抑える薬が処方できます。


アクネ菌以外にも、マラセチア(カビの一種)やニキビダニ(demodex)も病原微生物として知られています。

マラセチア
マラセチア
ニキビダニ
ニキビダニ

症の悪化・進行を抑える


炎症の悪化・進行が見られる場合…

炎症内容がうまく排出されず、難治化しそうな場合は「面皰圧出」や「切開」などの処置を行う場合もあります。

内部に不良肉芽を形成した嚢腫が出来てしまった場合は、「ステロイドの局所注射」を行う場合もあります。

症期を過ぎても赤み・黒ずみ・隆起が続く…


体質によっては、炎症期を過ぎても赤み・黒ずみ・隆起が長期間持続する場合があります。

これらは、PIP/PIE/PIPなどと呼ばれ、根気強く治療を続けることにより改善が期待できます。

炎症が治まってからも、これらがあるうちは治療を継続しましょう。

キビ跡(クレーター)ができてしまった…


炎症ニキビを放置すると、組織破壊が起き、治癒期に収縮する際に凹み…いわゆるクレーターができます。

赤みや黒ずみは適切に治療コントロールしていれば薄くなりますが、クレーター(陥没)は生涯残ります。

初期段階から積極的にニキビ治療を行い、炎症ニキビを作らないようにしておけばニキビ跡を最小限にすることができます。

ニキビは年齢とともに出なくなる日がきます。

その時がくるまで、ニキビ跡を作らぬよう共に頑張りましょう!


や背中などのカラダニキビについて


カラダニキビは、ステロイドの誤用などや、洗い方、衣類などで悪化します。

 

身体を洗う際は、タオルなどで擦らず泡で優しく手洗いしましょう。

 

肌着は、化学繊維は避け、ふんわりとした柔らかい綿100%のものを選びましょう。