保険診療

診療について


【代表的な皮膚疾患】

 トピー性皮膚炎

 白癬(足みずむし)

 白癬(爪みずむし)

 んましん

 ィルス性疣贅(いぼ)

 

 触皮膚炎

 瘡(ニキビ)

 漏性皮膚炎

 湿疹

 膚良性腫瘍

 形脱毛症

 状疱疹・疱疹後神経痛

 膚潰瘍

 

 

 常性白斑

 漏性角化症

 疹・中毒疹 など

日本皮膚科学会HPコンテンツ
日本皮膚科学会HPコンテンツ

上記以外でも、目に見える皮膚の異常、肌に感じる皮膚の異常は何でもご相談ください。 


院で受けられる検査


 血・検尿検査

 膚検体顕微鏡検査

 原体培養・同定・薬剤感受性確認検査

 ーモスコピー検査

 レルゲンパッチテスト

 膚病理組織検査

院で受けられる治療


 服治療

 用治療

 射治療

 器治療

 科治療

院導入の機器紹介


光学顕微鏡
光学顕微鏡
ダーモスコピー
ダーモスコピー
イオントフォレーシス
イオントフォレーシス
スーパーライザー
スーパーライザー
セラビーム
セラビーム

膚外科治療


 皰圧出

 粒腫摘除

 ずいぼ(伝染性軟属腫)摘除

 コ(胼胝)/ウオノメ(鶏眼)処置

 ぼ冷凍凝固

 ブリードマン(壊死組織除去)

 開排膿

 腫または嚢腫穿刺

 ングリオン穿刺/圧砕

 入爪処置

 傷処置

 傷縫合

 下異物除去

 所麻酔での手術(腫瘍切除など)

手術サンプル写真

膚外科実績


 

 

皮膚生検 手術 切開排膿

ガングリオン

穿刺・圧砕

 

血種または

嚢腫穿刺

 

稗粒腫摘除 イボ冷凍凝固 いぼ電気凝固

2014年度

 95例 372例 153例 58例 3例 119例 407例  879例

2015年度

86例 382例 144例 45例 5例 188例 375例  1220例

2016年度

89例 365例 111例 37例 30例 324例 326例 1100例

2017年度

99例 385例 109例 66例 15例 292例 292例 1363例

2018年度

110例 397例 130例 65例 2例 333例 352例 1460例

2019年度

95例 449例 119例 66例 7例 300例 445例 1358例

2020年度

83例 396例 111例 48例 2例 244例 596例 1211例

2021年度

52例 348例 104例 46例 2例 251例 515例 1325例

※ 皮膚生検:局所麻酔で皮膚の病変部組織をメスなどで切り取って病理組織検査を行う。

以下の場合は、人員・設備・機器の充実した基幹病院へご紹介をさせて頂きます。

 □ 悪性腫瘍で精密検査が必要な場合。

 □ なかなか手術予約が入れられない状況での緊急性のある場合。

 □ 局所麻酔では実施が難しい場合。

 □ 術野展開や止血困難が予測される症例な場合。

院の手術同意書